サラ金ガイド! TOP → サラ金とは サラ金とは

▼サラ金とは

サラ金とはサラリーマン金融の略で、1970年頃からサラリーマンを主なターゲットとして始まった金融業、貸金業者のことを言います。お金を借りることが出来る金融会社は様々とありますが、サラ金に対しては悪いイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

金融の区分というのは国や自治体、特殊法人と民間金融に分けることが出来ます。民間金融をさらに詳しく分けると信販系、サラ金系、銀行系、ヤミ金系に分けられます。

サラ金というのは主に消費者金融と呼ばれる企業のことですが、なかには怪しい業者や危険な悪質業者もあります。しかし現在では大手消費者金融企業が都市銀行のグループになったりとかなりイメージが変わりつつあります。

アコムやレイク、アットローンなど芸能人をイメージキャラクターとしたCMなども多く流れており、誰もが一度は聞いたことのある会社ばかりです。CMなどの効果もあり、最近の消費者金融では親しみやすい明るいイメージが増えてきているかと思います。

こういった消費者金融と銀行のローンの違いは担保などが不要な点や、審査がスピーディーに行われる点です。しかしその分金利は銀行よりも高く設定されていることが多いです。

一般的に自営業やアルバイトなど、銀行からの融資が受けにくいとされている職種の人達に多く利用されています。 審査の基準が甘いので、サラ金からは比較的簡単にお金を借りることが出来ます。つまりお金を返済する宛がなくても借りることが出来てしまうということです。

サラ金は一般的には高い利息でお金貸す消費者金融なので、お金を借りる際はきちんと考えなくてはなりません。消費者金融の謳い文句に「ご利用は計画的に」と言う言葉がありますが、まさにこの通りです。




お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © サラ金ガイド! All Rights Reserved.