サラ金ガイド! TOP → サラ金とは サラ金の金利

▼サラ金の金利

サラ金の金利は利息制限法において10万未満は年20%、10万以上100万未満は年18%、100万以上は年15%と制限されています。しかし大手サラ金業者以外には、この利息制限法の上限利率を越える高い金利で融資している業者がいるのが現状です。

消費者金融を利用している方は一度は聞いたことがあるかと思いますが、あまり聞きなれないサラ金でお金を借りた場合、そのほとんどが29.2%という金利になっています。利息上限法を違反しているのに、どうしてこのようなことが成り立つのでしょうか。

実は利息制限法の他に出資法という法律があって、出資法では上限利率が年29.2%となっているのです。利息制限法は強行規定であっても、罰則はありません。出資法の上限利率を超えた場合は刑事罰の対象となります。

このことを利用して、一部のサラ金業者は利息制限法と出資法の間の金利に設定し、高額の金利を徴収しようとするのです。これをグレーゾーン金利といい、あまり聞きなれないサラ金業者の多くは上限率すれすれの金利で融資しているようです。

しかし、29.2%もの利息があると月々の返済の半分近くが利息になってしまいます。そのためまとまったお金を一括で返済しない限りは、借金を続けなければならないことになる場合があります。

毎月きちんと返済しても中々元本が減らないという場合は弁護士などの専門家に相談すると、払いすぎている利息を返金してもらうことも可能なので、返済が厳しい場合は一度相談してみるようにしましょう。



酒田市の不動産
はこちら


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © サラ金ガイド! All Rights Reserved.