サラ金ガイド! TOP → 悪質なサラ金にご注意 サラ金と闇金

▼サラ金と闇金

サラ金とは、消費者金融で貸金業登録業者として届出をしている業者です。一方、こういった登録をせずに勝手に貸金業を行っている会社を闇金融と言います。ではさらに詳しくサラ金と闇金の違いを説明したいと思います。

サラ金とヤミ金の一番の違いは金利にあります。サラ金はサラリーマン金融のことで、出資法が定めている29.2パーセントを上限としている金利で貸付を行っている業者で、きちんと都道府県などに会社を登録しているところになります。

一方ヤミ金というのは、出資法に定められている以上の高金利で貸付を行っている金融業者のことをいいます。貸金業の登録を都道府県に行っているヤミ金もありますが、登録していないところがほとんどです。

ヤミ金でよくある「トイチ」というのは10日で1割という金利のことを表します。これを年利にしてみるとかなりの利息になります。

最近では10日で1割どころではなく、10日で3〜5割での貸付するというヤミ金もあるので注意が必要となります。こういった闇金はかなりありますので相当の注意が必要になります。

サラ金と闇金の金利を見るとサラ金の方が金利がとても低く感じられますが、どちらも高金利であることに変わりはありません。しかしサラ金は闇金と比べると法律を守って営業しています。

闇金融の恐ろしいことは審査が甘く、通常のサラリーマン金融では借りられない状態であっても審査が通ってしまいます。つまり、サラリーマン金融からの貸し付けを断られてしまっても借りることができるということで、法外な金利にもかかわらず止むに止まれず融資を受けてしまい、最終的に返済が不可能な状態に陥るのです。



アセタノール
アセタノールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ティアモ
ティアモを購入するなら当サイトで!



お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © サラ金ガイド! All Rights Reserved.