サラ金ガイド! TOP → 悪質なサラ金にご注意 ブラックリスト

▼ブラックリスト

借金に関する用語でよく「ブラックリスト」という言葉を聞くことがあると思います。ブラックリストという言葉は実際には存在しないのでその定義は様々ですが、ブラックリストというのは銀行協会が運営する全国銀行信用情報センターや、貸金業者の協会が運営する全国信用情報センター等の信用情報機関のデータベースの中で「要注意人物」に当てはまる人のデータを集めたものです。

要注意人物というのはきちんと返済をしない人のことを言います。それと同時に、信用情報機関に登録される・・・という言葉もよく出てくると思います。

銀行協会や貸金協会が運営する信用情報機関には、ローンやクレジットカード等に関する全ての個人信用情報が登録されています。個人信用情報機関というのは例えば、お金を借りている人が返済日に何の理由もなく、また連絡もなく延滞したという情報、またいつから借り始めて追加融資をしたのがいつか、ということまで細かい情報を持っているところです。

そのため、信用情報機関の会員となっている金融機関等では、顧客との取引に対する判断材料のための参考資料に信用情報を使用するのです。ここで延滞が何度もあり、支払いが滞っている、債務整理になっている、自己破産となったという人が登録されてしまい、信用情報機関に登録されることになります。

ここに登録されると要注意人物となり、お金を借りることが難しくなります。しかしサラ金業者ではたまに「ブラックOK」などという言葉で広告を出しているところなどもあります。

しかしブラックOKと謳っているところのほとんどは違法な金利でお金を貸してくる悪徳業者なので注意するようにしなければなりません。



【骨盤矯正ベルト・腰痛ベルト】コシラック
http://store.shopping.yahoo.co.jp/koshiluck/koshiluck-belt.html



お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © サラ金ガイド! All Rights Reserved.