サラ金ガイド! TOP → 悪質なサラ金にご注意 物的担保

▼物的担保

担保というのは万一お金を返すことが出来なくなったときに、その分のお金を回収することができるようにする手段になります。お金を貸した側は貸したお金を返してもらえなくなると当然困ります。そのため、貸したお金を確実に回収したいと考えます。

そこで登場するのが担保です。しかしその担保にも物による「物的担保」と保証等による「人的担保」の2種類があります。

人的担保というのは、債務者以外の第三者が保証人とか連帯保証人として、本来の債務者がお金を支払えなくなった時に代わりに支払ってもらう人のことを言います。物的担保というのは債務者本人が借金の返済が困難となった場合に物品を差し押さえ、換価、競売などを行うことによってその債務の履行に変えるということです。

大きな事業資金が必要という場合に、この物的担保と人的担保の両方の担保を取るということがあります。例えば、事業のために資金が必要という時に、その建物を担保にする場合があります。

また、第三者の保証人を立てて大きな資金を借入れするという場合もあります。物的担保は人的担保とは違って、一般財産を債権の引当とするものではありません。

担保を設定した特定の財産を債権の引当とすることになります。そのため、物的担保はお金を借りた側である債務者の特定の財産に設定することも出来ます。

借金が払えなくなった際に、家を持っている場合は家を売却する不動産担保などがあります。その他にも留置権、先取特権、質権、抵当権などがあります。



白衣 女性
白衣の女性のユニフォームなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

イタンゴ
イタンゴなら医療関係者向けの製品情報サイトで!



お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © サラ金ガイド! All Rights Reserved.