サラ金ガイド! TOP → サラ金から脱出しよう! 借金返済と法的な整理

▼借金返済と法的な整理

借金を返済するには、自分の借金の状況にあった返済方法を見つける必要があります。自力で借金を返済していくのか、法的な整理を取るのかということもあります。

借金の返済をする際は利息に充てられる金額を少なくするために、1回目の返済額を多くする必要がありますが、それが出来ない場合は法的な整理を検討してみるのも1つの手です。そのためにはまず、自分で借金を完済することができるかどうかということを知る必要があります。

確実なものではありませんが、利息を含めた借金の総額が10パーセントを超えていて、20パーセントに近づくほど返済するのは困難であるといわれています。完済が不可能であるという場合はすぐに法的な整理をすることをお勧めします。

法的に整理しないと利息がどんどん積み重なり、どうしようもなくなってしまうことが多いからです。また借金が返せないために、別のところからお金を借りてしまうといった状況にもなりかねません。

ちなみに、どういった法的整理を選ぶかは状況によって様々になります。しかし今は自己破産以外にも、様々な借金整理の方法があります。

主な方法には以下のようなものがあります。

◆自己破産
◆任意整理
◆特定調停
◆個人再生

自己破産は自分の財産を失ってしまうので本当にどうしようもなくなった時に利用する借金整理ですが、その他の借金整理の方法では財産を失うということはありません。

専門家の方に相談することによって、自分に合う方法がきっと見つかるかと思います。どうしようもなくなった時は1人で悩まずに、専門の方に相談するようにしましょう。




お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © サラ金ガイド! All Rights Reserved.