サラ金ガイド! TOP → サラ金について 遅延損害金

▼遅延損害金

遅延損害金とは、簡単にいうと延滞金のことを言います。支払期限に支払がなされなかった場合に、損害賠償として支払わなければならないお金のことです。

遅延損害金の額は利息と同じように一定の利率によって定められます。そのため「遅延利息」と呼ばれることがありますが、法的には遅延損害金と利息とは別のものになります。

通常の利息というのはお金の貸し借りを行う際に取り決めをしておく必要がありますが、遅延損害金は取り決めを行っていなくても発生することになっています。これは法定に認められているもので、債務の不履行により賠償額の予定と言われています。

金銭債務の額に対して、一定の比率に基づいて遅れた期間に比例して計算されるので、遅延利息と呼ばれることもありますが、その性格はあくまでも損害賠償であるといえます。

サラ金会社は融資をしてその利息で儲けているのですが、利用者が返済期限に遅れてしまった場合は遅延損害金が発生してさらに利益が上がります。このような遅延損害金が発生すると返済もさらに大変になってきますので、期日までに必ず返済するようにしましょう。

また遅延損害金の上限金利は、利息制限法の法定金利の2倍以内と定められています。これを超える利率の遅延損害金は大手サラ金ならまず問題ありませんが、取り決めしないよう注意するようにしましょう。

遅延損害金は法律上発生するものですが、それでも借用書の中にそれらを記入するのは「遅延損害金に関する取り決め」をすることで、きちんと返済しなければ借金が増えるということを認識させるという意味があります。そのことを頭に入れておくと借主の意識も違ってくるのです。




お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © サラ金ガイド! All Rights Reserved.