サラ金ガイド! TOP → サラ金について 過払い

▼過払い

利息には利息制限法という法律があります。しかし大手を除く悪徳サラ金の多くはこの利息制限法以上の金利を取っています。

そのため利息制限法以上の金利は本来ならば返してほしいと主張することが出来ます。この返して欲しいと主張することが出きるお金のことを「過払い金」と言います。

過払いとは、債務者が金融業者に払いすぎたお金のことです。本来支払うべき金額以上の支払いを行った場合のお金が過払いになります。

つまり、債務者が消費者金融等の貸金業者から法律である利息制限法の利率を越える利息で借入れをしている場合に、利息制限法に引直計算をした結果算出される、本来であれば支払う義務のないお金のことをいいます。

過払いは高い利息で長期間継続して返済をしているほど、過払いの可能性が高くなってきます。またその場合、当然返還できる金額も多くなります。

過払いの返還請求も個人で行う事は出来ますが、法律の専門知識が必要になってきますので司法書士などに依頼する事をお勧めします。専門家に依頼後は、返還された金額を受け取るまで一切債権者と話をする必要もなくなります。

ただし、過払い請求を行うという事は当然、金融業者と争うという事です。争った消費者金融業者からの借り入れは今後一切出来なくなってしまうのが一般的です。

又、信用情報機関に介入情報の事実が登録されてしまうと、全く取引の無い消費者金融業者からの借入を行う際にも、一定期間困難になってしまう場合もあります。



ドクターエム株式会社



お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © サラ金ガイド! All Rights Reserved.