サラ金ガイド! TOP → サラ金について グレーゾーン金利

▼グレーゾーン金利

利息制限法を超えている金利は支払う必要がありません。利息制限法は以下のように決められています。

◆元本が10万円未満の場合:年20パーセント
◆元本が10万円以上100万円未満の場合:年18パーセント
◆元本が100万円以上の場合:年15パーセント

以上の基準が利息制限法で定められています。

しかし、ほとんどの悪徳サラ金業者はこの利息制限法を超えています。法律で利息の上限を制限が決められているにも関わらず、何故守られていないのでしょうか。

利息制限法を越える請求は無効なので支払う必要はありませんが、違法したとしても罰則を受ける対象にはなっていないのです。違反しても罰則がないので、悪徳サラ金業者のほとんどが守られていないのです。

しかし利息制限法の他に、もう一つ利息の上限を設けている法律である「出資法」というものがあります。こちらの出資法を違反すると罰則が科せられることになっています。

つまり、サラ金が設定している利息は利息制限法によって法的な保護を受けることは出来ませんが、罰則の対象になることもない利息ということになります。

この利息制限法と出資法の間に当たる金利のことを「グレーゾーン金利」と言います。今このグレーゾーン金利が問題になっていますので、きちんとした法律が今後決められる可能性があります。

グレーゾーン金利の撤廃に向けて、予定では2009年に撤廃されることになっています。また、超過部分を利息として任意に支払った場合には、その返還を請求することができないので注意しましょう。



クラフォラン
クラフォランなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

レーシック
レーシックなら吉野眼科の吉野先生がオススメです!


お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright © サラ金ガイド! All Rights Reserved.